横浜の中古をマンション改修して住んでいます

良い買い物をした

新築マンションと間違えるくらい綺麗良い買い物をした貯金することが大切

マンション改修前のキッチンは、ガスを使ったオーブンが設置できるようになっていたり凝った作りでした。
建設当時は流行りだったのかもしれませんが、今の時代に発売されているキッチンシステムには合いません。
毎日使う場所なので、キッチンも最新のものに交換できるよう全体的に改修しました。
意外とみんな忘れがちなのが、和室の下に敷いてある畳です。
畳は年月が経つと、へたって見た目がとても悪くなってきます。
改修と言うより、単純に張り替えるだけなので比較的値段も安く畳は新しくすることが出来ました。
後からでも交換は可能だったのですが、今回行ったのは家具を入れてしまうと入れ替えるのが面倒になるからです。
マンション改修自体は入居後にでも可能とはいえ、荷物が入ってしまうと気軽に行えません。
今回、入居する際に改修をしてしまったのは家具を入れる前なら楽だと思ったからです。
改修をあちこちしてしまうと、予算が大幅にオーバーしてしまうのではと心配する友人たちもいました。
せっかく、値段を気にして中古を購入したのに逆に高くなるのではないかと言われたのです。
マンション改修には、確かに数百万単位でのお金が必要になりました。
それでも、横浜で私が住みたいと思ったエリアで新築のマンションを購入するよりはずっと安かったです。
中古のマンションを購入した理由は、他にもいろいろとあります。
例えば、私の場合ならすでに先に仲の良い友人が住んでいたことです。
近所に気心が許せる人が住んでいると思うと、安心して毎日暮らせると思いました。
友人の家に遊びに行っていたので、周りの環境もよく知っていて安心できたのも選んだ理由の一つです。
いつか、こんなマンションに住みたいなと思っていたら中古が売りに出されたので購入しました。
安くて、階数も好み通りだったので良い買い物をしたと思っています。
部屋が古いことが若干不安でしたが、不動産屋に改修すれば大丈夫と教えてもらいました。

神奈川県横浜市マンション改修工事 https://t.co/mvu6zPxrmr pic.twitter.com/28PWGanbr9

— Wing The Top株式会社 (@WingTheTop2) 2018年7月23日